DS-1 4A Distortion(ディストーション40周年記念Ver.)

 

2017年限定カラーリングのブラックディストーション

BOSS_DS-1_4A_Distortion_ディストーション40周年記念モデルイラスト

黒と金色がカッコイイBOSS DS-1 40周年記念モデル

DS-1 Distortionの黒バージョン、ついにゲットです!

当初北米限定で出ていたんですけどどうやら2017年内限定で日本でも販売してくれるとか。

DS-1_40周年記念_限定ブラックモデルの箱

箱にも40周年記念モデルの旨の記載が

箱には型番はDS-1 4Aとなっていて、恐らく40th Anniversaryの略でしょう。

1977年に名機OD-1 OverDriveを含む信号機シリーズ3機種が出てから早40周年ってなわけです。

(BOSSを立ち上げた梯郁太郎氏の訃報に記念すべき40周年にして触れるとは、何の因果か)

特別カラーリング&特別仕様のブラックバージョン

DS-1_40周年記念_限定ブラックモデル

特別カラーリングのブラックバージョン

このブラックバージョン、実物で見るとカラーリングがホントにカッコイイ。

ただDS-1のオレンジ地に黒文字を反転させたのではなく、文字部分はもっと高級感のあるイメージのカラーリング

ノブもBD-2 Blues Driverなどに使われる金色トップのノブが使われていて、ノブの金色とシルク印字の文字部分の色がよく合っています。

DS-1_40周年記念_限定ブラックモデルは銀ネジ

ファンには嬉しい銀ネジ仕様

通常仕様となっている黒のサムスクリューネジではなく銀ネジ

40周年記念モデルらしく、初期の仕様である銀ネジを採用したのでしょう。

どうせならDS-1のハイフンも全角にしたらもっと感動が大きかったんですけど、さすがにそこまではサービスしてくれませんでした…

音やスペック自体は弦高の通常版DS-1と同じ

気になるサウンドは、結論からいえば通常版のDS-1と同じです。

基本的に外観だけの違いだけで中身は同じ。

音自体は全体的にコンプレッションがかかったような歪みサウンドで、良くも悪くも扱いやすいサウンド。

しかしその圧縮感のせいで少々強弱をつけづらい部分も大きい。

単純に実用性でいえば、同じBOSSのDS-1X Distortionの方がサウンドもハイファイで断然使い勝手もよく、管理人個人的にはオススメ。

DS-1、DS-1Xについて詳しくは以前記事にしていますので、詳しくはコチラより。

 

DS-1 4A ディストーション40周年アニバーサリーモデル レビュー・総評

DS-1自体はどちらかといえば初心者向けのディストーションといえるかと思います。

価格は本家DS-1も本機DS-1 ブラックバージョンも相変わらず断然安いので、初心者の方の初めてのエフェクターにはもってこいかなと。

(ブラックバージョンは通常版より1000円ほど高いとはいえ、売価で6,500円程度)

せっかくのこのタイミングなので、DS-1の購入を考えていらっしゃる方は今の内にこのブラックバージョンを手に入れておくとよいと思います。

なお、本機DS-1 ブラックバージョンは2017年限定品。

どんなに長くても2017年いっぱいの販売でしょうし、しかも特に限定数やいつまでの販売と公表されていないのでいつ販売されなくなるか読めない状況です。

実用目的にせよコレクション目的にせよ、購入予定の方はお早めに食指を伸ばしておいたほうがいいでしょう。

販売期間・スペック・仕様


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。