DS-1 Distortion(ディストーション)

   2016/04/28

BOSSを代表する名ディストーション DS-1

BOSS_DS-1_Distortion_ディストーションイラスト

カート・コバーンも愛したBOSSコン初のディストーションペダル

本機DS-1 Dirtortionこそ、BOSSの記念すべきディストーション第一号機です。

管理人、ギター用のエフェクターの中で最も知名度が高いのはこのDS-1なのではないか、とひそかに思っています。

エフェクターをよく知らない人でも「 とりあえずディストーションが欲しい 」って時に、DS-1はそのまんまDistortionって書いてあってわかりやすくていいんですよね。

かく言う管理人、初めて買ったエフェクターはDS-1じゃなくてDS-2 TURBO Distortionでしたけど…

ちなみに、他の3つツマミタイプの歪み系ペダルとはトーンつまみとレベルつまみが逆

DS-1に慣れてしまった人、逆にDS-1は使ったことがない人がよく混乱するDS-1あるあるがあります。

BOSSコンパクトエフェクターの中で唯一再販された機種

DS-1の発売は1978年の6月頃で、1989年の2月に1度販売を終了します。

しかしながらその後、再販を望むユーザーの声があまりに多く、10年以上の空白期間を経て2001年12月に再販されました。

が、NIRVANAの故カート・コバーン氏がライブやレコーディングで使ったことが要因で人気が沸騰したようです。

(カート・コバーン氏、DS-1だけでなくDS-2も使っていたんですけどね)

実を言うとBOSSのコンパクトエフェクターのなかでオリジナルのままで再販されたのはDS-1だけ。

2013年に計100種を超えたBOSSコンパクトエフェクターの歴史の中でも、再販という例は管理人が知る限り他にありません。

使用機材にまでそれだけの影響力を持ったカート・コバーン氏。やっぱり偉大ですね。

実はBOSSコン全モデル中最長のロングセラーモデル

今も定番として販売されているからかあまり古い感じがしませんが、実はDS-1もBOSSのコンパクトエフェクターの中ではかなり初期の機種なんです。

BOSSコンパクトエフェクター第1弾のOD-1 OverDriveが出てから1年もたたないうちに発売になっていますから。

販売停止してた時期を含めればSD-1よりも販売期間が長いなんですよね。

つい数日前に別の記事で「 SD-1はBOSSコンパクトエフェクターの中でも一番販売期間が長い 」(ドヤァ)ってやっといてなんですけど…

確かにDS-1販売されていなかった期間を考えない延べの期間だと確かにSD-1が一番長いは長いです。

でも、DS-1は北米では販売中止にはならず、1982年~2001年の間も販売されていたんです。

このことを考えるとやはり延べ期間でなく通算期間で考えた方がいいでしょう。

そういうわけで、新旧すべてのBOSSコンパクトエフェクターの中で最も長い販売期間を誇るのはDS-1ということにしましょう!(勝手に)

かなり初期のモデルなので当たり前ですけど、DS-1には現行の台湾製だけでなく、銀ネジ&日本製の個体も存在しています。

銀ネジ&日本製ともなるとプレミアもついてそれなりに高い価格で売買されます。

旧モデルDS-1と新モデルDS-2の併売はレアケース

ちなみに現在DS-2もDS-1と並行そのまま販売されており、結構珍しい例です。

BOSSって新しい機種が出ると同じエフェクトの前の機種って基本的にすぐに廃番にしちゃうんです。

現在同じ系統の型式のナンバリングの新しい機種が出ているの併売されている機種って、このDS-1とディレイのDD-3 Digital Delayくらいだったかと。(2015年8月現在)

初心者に定番のディストーション?

BOSSにはDS-1の兄弟機のDS-2やら何やら色々とディストーションペダルがたくさんありますが、中でもこのDS-1とMD-2 Mega Distortionだけは他に比べ価格が安く設定されています。

価格がお手頃なこともあり、あってかDS-1は初めてのコンパクトエフェクターの定番として君臨しています。

よくわからずに楽器店に見に行ってもBOSSはいっぱい並んでるし、ポップな色合いでなんか安心できちゃうんですよね。

しかもDS-1は筐体にデカデカとDistortionってわかりやすく書いてあるからわかりやすい。

店員さんも初心者には無難に勧めてますし、軽音部やらサークルの先輩もとりあえず最初はBOSSのDS-1かオーバードライブのどれか買っとけ、って言う人も多いしで、初心者ホイホイです。

この後のDS-1のサウンドキャラクターのコーナーでも書きますけど、使用感や音もクセが少なくて扱いやすいし、DS-1自体も初心者でも使いやすい特徴を備えているんですよね。

結果みんな買うからかぶっちゃったり…

DS-1 Distortionのサウンド

解説するまでもないかも知れませんが、ザ・ディストーションって感じのスタンダードな音です。

後継機種のDS-2に比べ少し音のエッジが効いていて音が抜けやすい印象でしょうか。

ただし、他社のディストーション、例えばRAT-2のようなえぐみはなく、全体的にはサラッとしたキャラクターのディストーションです。

そしてある意味ではDS-1の弱点ですが、コンプレッサーがかかった感が強く細かい強弱が若干つけづらいのが難点です。

逆に言えばそのコンプレッサー感のおかげで音のバラつきも出にくくまとまっていてクセのないサウンドで、初心者でもすごく使いやすいともいえるでしょう。

DS-1に限らず、BOSSのディストーションには全体的にこの傾向があります。

DS-1 総評

DS-1は初めてのエフェクターとしてもディストーションとしてもかなり定番で、持っている人 or 持っていたことがある人はかなり多い機種です。

その分プレミアム感も全くないし飽きてしまうからか持っている人が多い割には使われているところをあまり見かけないように感じます。

まだ初々しい高校生のライブだとよく見るんですけどね…

決して音が悪いわけではないのですが、やはりみんな持っている、みんなが知っている、初心者っぽいっていうのと、一番最初に買うっていうのがよくないのでしょう。

慣れてくると他のを買い足したくなりますし、そうすると新しいのばかり使いますから。

長いスパンをおいて結局はDS-1に戻ってくる人も結構多いんですけどね。

人気もあって有名だけど、なかなか第一線では使ってもらえない、なんだか不遇な子です。

でも、最初に書いた通りカート・コバーン氏も愛用したエフェクターですし、特にDS-1が出たばかりの頃は「 よく歪む割にノイズが出にくい 」と評判でプロのレコーディングでもよく使われた実績もあります。

初心者ご用達!みたいなレッテル貼りをするのではなく、ぜひ一つのディストーションとして見てあげてほしいところです。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1978年6月~1989年2月、2001年12月再販・現行品
製造国
日本製・台湾製 両方あり
コントロール
LEVEL、TONE、DIST
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
消費電流
9mA
対応アダプター
PSA-100・ACA-100 両方あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. おっちょこちょいカラス より:

    本当に、DS-1は私も1番最初に買ったエフェクターです。32年経って(48歳です)、今自分のルーツ?はこれだと感じています。
    管理人さん、古い機材のレヴューが参考になりました。当時(高校生でした)スペックなど考えずに使っていました。日本製ACA電源のかわいいおじいちゃんエフェクター達をこれからも可愛がっていきますね。

    • 管理人 より:

      おっちょこちょいカラスさん、コメントありがとうございます。

      やっぱりDS-1は鉄板ですよね!DS-1でディストーション入門 → 他のBOSSコン使ってトーンの位置に戸惑う のあるあるがワンセットな気がします。
      古いペダルをお持ちとか、うらやましい限りです…

      せっかくのBOSSコン、ぜひお大事になさってください!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。