RC ループステーションシリーズのスペック・機能比較

   2016/04/28

BOSSルーパーペダル ループステーションシリーズ スペック比較

BOSSコンパクトシリーズのループステーションRC-2、RC-3、RC-1のスペック・機能の違いがわかる比較表を作ってみました。

ルーパーペダル、ループステーションの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

BOSS コンパクトサイズRCシリーズ全種類 スペック・機能比較表

BOSS_コンパクトサイズ_ループステーション_RC_スペック・機能比較表

コンパクトサイズRCシリーズ全種類 スペック・機能比較表

ぞれぞれのついて詳しくは個別に記事がございますので、下記リンクよりご覧ください。

また、順番がRC-1 → RC-2 → RC-3ではなくRC-2 → RC-3 → RC-1なのは、発売順に並べているためです。

RC-2が初代なのになぜこのような順番になったのかは、RC-1の記事にて詳しく解説しています。

ループステーション各種解説

ご覧になればわかる通り、RC-2で始まったループステーションシリーズはRC-3で順当な進化を遂げ、かなりハイスペックになっていることがおわかり頂けるでしょう。

最大3時間もの録音時間に99ものフレーズメモリーUSB端子経由による44.1kHz高音質WAVE形式でのPCとのデータやりとりなど、もはや別次元。

あまりの格の違いにまるで比較になりません。

(RC-2を買った方がかわいそうだなぁ、と思うレベルに。仕方のないことだけれど)

そしてその後発売されたRC-1はRC-3から色々な機能をそぎ落とした簡易・簡略版のループステーションです。

ボタン類は一切なく、LEVELツマミ一つのみ。

基本的にはフットペダルのみで全ての操作を賄えるようになっています。

スペックも若干控えめではありますが、価格も新品で1万円強程度お手頃で、RC-3ではオーバースペックという方にはRC-1はうってつけといえるでしょう。

初代であるRC-2は既に廃番になっており中古でしか手に入りませんが、RC-1よりは若干録音時間が長く、複数フレーズも録音可能

RC-3ほどの機能が要らないけれどRC-1では物足りないって方は、中古でRC-2っていう選択肢も有りではないでしょうか。

ルーパーペダル RCループステーションシリーズのスペック・機能比較まとめ

今回はRCシリーズの中でもコンパクトエフェクターサイズのモデルのみ比較しましたが、いずれはツインペダルシリーズ・マルチエフェクターサイズの歴代フラグシップモデルも加えたいと思っております。

中途半端で申し訳ないのですが、少しでもご参考になれば幸いです。

(思っているだけでいつになるかはわかりませんが…)

販売期間・スペック・仕様


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。