LS-2 Line Selector(ラインセレクター)

BOSSコンパクトエフェクター唯一無二、ロングセラーラインセレクターペダル LS-2

BOSS LS-2 Line Selector ラインセレクターイラスト

コンパクトながら様々な使い方ができるLS-2。

本機LS-2 Line Selectorは、コンパクトながら多彩な機能を誇るBOSSの名ラインセレクターです。

ラインセレクターとしての機能はもちろん、9VのDC電源を他のエフェクターへ供給できる9Vアウトプットも搭載。

あくまでも他のエフェクターのサポートをする地味なペダルで、しかもラインセレクターとしてはかなりコンパクトな部類。

しかしその実用性の高さは同種ペダルの中でも随一といえるでしょう。

バイパスと2つのセンドリターンチャンネルの切り替えを、5つのモードでセレクト

LS-2はBOSSコンパクトエフェクターのコンパクトな筐体でありながら、2つのセンドリターン回路+バイパスを持つ本格派のラインセレクター。

その3つのラインを切り替える切り替えパターンは5種。

  • A⇔B
  • A⇔バイパス
  • B⇔バイパス
  • A→B→バイパス→A…
  • A+Bミックス⇔バイパス

の5つのパターンの中から自由に選択可能です。

(これについては後述)

しかもモードツマミをカチカチするだけで切り替えられるので、例えばライブ中に曲によって使い分けるなんてことができます。

最近はスイッチがたくさんついていた足だけでその辺りもうまくコントロールできるスイッチャーもたくさんあります。

しかし、このコンパクトさでここまでできるというのがLS-2の最大の特徴といえるでしょう。

さらにAチャンネル、Bチャンネルそれぞれの音量レベル・ボリュームをツマミで調整可能な点もとてもGOOD。

直列だけでなく並列接続によるサウンドのミックスも可能

エフェクターを繋ぐ場合は、アウト→イン→アウト…って繰り返しで直列にしかつなげないのが通常。

しかし、本機LS-2のA+B MIXモードを使えば、AチャンネルとBチャンネルを並列でミックスすることも可能です。

例えばメタル系のかなり深い歪みペダルにコーラスなどのエフェクターをかける場合でも、LS-2のA+Bでミックスさせることで音がきちんと分離し広がりを持ちながらもしっかりと歪んだサウンドを作ることも可能。

通常は前後のどちらかでしか組み合わせることしかできないエフェクターを、順序に関係なく並列につなぐ。

これによって、新しいサウンドの可能性を広げることが可能です。

BOSSコンパクトシリーズ中 最多のジャックを持つペダル

LS-2は、6つのフォンジャックに加え9VのDC電源ジャック、そして9V DCアウトプットジャックと、BOSSコンダントツの数の端子を持つペダル。

2016年5月現在の今でもその端子の数の記録は抜かれていません。

AUXインプットとUSBジャックを持つRC-3 Loop Stationが端子数で本機LS-2と並び、1位タイとなっています。

後一つ何か端子があれば抜けたんですけどね。惜しい。

LS-2 Line Selector レビュー・総評

BOSSコンパクトエフェクターのラインセレクターは本機LS-2が後にも先にもない唯一無二の機種。

それが1991年11月の発売からすでに25年近く、一度も代替わりすることがなく長らく多くのギタリスト・ベーシストの足元を支えています。(※2016年5月現在)

と言っても機能的にいえば実質PSM-5 Power Supply & Master Switchの後継機種みたいなもんですけどね。

LS-2ではパワーサプライとは謳わなくなりましたが、9V OUTPUTはついているし、PSM-5でもセンドリターン機能はついていましたから。

PSM-5と比べると、9V OUTPUTの場所がコントロールパネル部から上部側面に変更されたのと、センドリターンのチャンネル数が2つに増え、その切り替え挙動を5つのモードから選べる&各チャンネルでレベル調整可能になって使い勝手は格段に増してします。

にしても、これだけコンパクトながら直列・並列が選べたりチャンネルごとに音量レベルを調整できたり他のエフェクターへ電源供給ができたり…

発売から約25年経つ2016年5月現在さまざまなタイプのスイッチャーやABボックス、ラインセレクターが登場していますが、そのコンパクトさと多機能さによる完成度と実用性の高さで、いまだに地味に人気の高いペダルです。

たくさんのエフェクターをコンパクトなシステムでコントロール・運用したい時にはぜひLS-2の導入を検討してみてください。

  • 価格   ¥ 11,880
  • メーカーBOSS
  • 販売者 マークスミュージック

その他のペダルカテゴリの最新記事