DSD-2 Digital Sampler / Delay(デジタルサンプラー / ディレイ)

   2016/07/17

BOSSコン初のサンプリング機能を備えたデジタルサンプラー

BOSS_DSD-2_Digital_Sampler_Delay_デジタルサンプラー・ディレイイラスト

BOSSで初めてサンプリング機能を実現したデジタルサンプラーペダル DSD-2

DSD-2 Digital Sampler / Delayは、BOSSコンでも初めてのサンプラーペダルとして1985年に登場したデジタルサンプラーペダルです。

販売期間が1985年4月~1986年8月とかなり短いのですが、これは内部パーツ価格の低下を販売価格に反映するため、DSD-2を回路も機能もそのまんまで価格を安くしたDSD-3に切り替えたんです。

DSD-3はその後1988年12月まで販売されたので、実質の販売期間は3年と8か月と言えるでしょう。

…それでも短いですケド。

ちなみに本機DSD-2もDSD-3も、全然売れなかった模様。

正直なところDD-2 Digital Delayのヒットで調子に乗って爆死してしまった感が…

早すぎたサンプラー

ペダルとしては一応ギター用ということになっていますが、ベースの音だろうが人の声だろうが、何の音でもサンプリングすることが可能。

とは言ってもサンプリングできる時間は最長でも800ms

つまりたったの0.8秒です。

2011年に発売されたRC-3 Roop Stationの録音時間180分に比べたら笑いが出るレベル。

一応サンプリングした音にさらに音を重ねる多重録音もできますが、サウンドオンサウンドによるループプレイなんてかなりシンドイです。

にしてもリアルタイムでのサンプリングといい多重録音といい、やりたいことは明らかにRCシリーズ ループステーションに繋がるんですよね。

しかし当時の技術ではこれが限界だったのでしょう。

「 腐ってやがる。早すぎたんだ… 」

そんなつぶやきが聞こえてきそうな残念な逸材です。

DSD-2 Digital Sampler / Delay レビュー・総評

DSD-3で多少値下げが行われますが、本機DSD-2は26,800円と高価。

しかも機能と使い方がわかりにくい上に肝心のサンプリング機能の使い道が限られ過ぎてしまい、人気が出ませんでした。

その上、当時はまだまだマルチエフェクターも普及していない頃で、ギタリスト達はまだ多機能・複雑な操作系をエフェクターに慣れていない状態。

色々と早すぎたんですよね。

単純に一つのペダルとしてみれば、ディレイとしての機能がディレイタイムが最大800msでDD-3と同等

デジタルディレイとしてはそう悪くないので、中古で安く手に入るのであればそう悪くありません。

ただ、やはり現行品と比べてしまうとルーパーとしてもディレイとしてもちょっと物足りない感は否めないですね。

率直なところ、本機DSD-2では後々安物買いの銭失いになってしまう可能性もあります。

BOSS好きでコレクションアイテムとしての価値を見いだせない限り、素直にループステーションシリーズや別のディレイペダルを手に入れた方が無難かも知れません。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1985年4月~1986年8月
製造国
日本製
コントロール
E.LEVEL、F.BACK、TIME、MODE
MODE
L.800ms、S.200ms、REC PLAY、PLAY ONLY
接続端子
INPUT、OUTPUT、TRIG IN 、ACアダプター
消費電流
45~60mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. タカ坊 より:

    素敵なサイトですね!
    すごく読みやすくて参考になります。

    DSD-2の右側にTRIG.INとあるのですが、
    これは何に使うものなのでしょうか?

  2. 管理人 より:

    >>タカ坊さん

    お褒めいただきありがとうございます。

    コメントに気づくのが遅くなってすみません…

    TRIG.INはトリガーインプットですね。

    リズムマシンによっては対応機器を動かすための信号を出すトリガーアウト端子があり、その信号を受け入れるための入力端子です。

    そのリズムマシンでプログラムした信号のリズムによってディレイ音を出せるってワケですね。

    使いこなせば色々なリズムでのディレイを緻密に作り出せたようです。

    ただ、使いこなせた人は少なかったようですが…

    実は管理人も使ったことはないので細かい応用まではわからないんですけどね ^ρ^

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。