VB-2W Vibrato WAZA Craft(ビブラート・技クラフトシリーズ)

   2016/10/06

BOSS初期の名機の技クラフト版として発売されたVB-2W Vibrato

boss_vb-2w_vibrato_%e6%8a%80%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88_%e3%83%93%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

まさかのビブラートを技クラフトに!?VB-2W

VB-2W Vibrato WAZA Craftは、BOSSでも割と初期の1980年代前半に発売されたVB-2を技クラフトシリーズとして復刻したモデルです。

世界最大の楽器ショウ NAMM SHOW2016で発表され、一躍脚光を浴びました。

発表から実際の発売日まではかなり早く、同じくNAMM SHOW2016で発表されたVO-1 VocoderとBC-1X Bass Compととも2016年3月5日に発売されています。

本機VB-2WのベースとなったVB-2 VibratoはBOSSコンパクトエフェクターとしては結構初期のモデルである上、販売期間が短く生産台数も少ないレアな機種

裏を返せばあまり売れなかったモデルを、BOSS、技クラフトシリーズとして復刻させる思い切った決断をしたと一時話題になりました。

VB-2Wとはどんなエフェクター?

VB-2WはベースとなっているVB-2同様、ギターの音を揺らしてビブラートをかけるだけの単機能ペダルです。

シンプルではありながらもそのビブラートの具合は非常にキレイで、まさにお手本のようなビブラートを効かせてくれます。

VB-2販売当時のキャッチコピーが『 ビギナーはヴィブラート・テクニックを習得してからご購入ください 』だったそう。

その辺の教則DVDで先生がやるビブラートなんかより断然キレイ。

(機械なんだから当たり前ですけど)

音程の揺れ幅やスピードなど細かい調整もしっかりできます。

VB-2Wのスタンダードモードとカスタムモード

技クラフトといえば欠かせないのがスタンダードモードとカスタムモードの切り替えスイッチ。

基本的に技クラフトシリーズはその機種が本来持つサウンドのスタンダードモードと、新たなサウンドを加えたカスタムモードの二つのモードが存在しています。

VB-2Wの場合、カスタムモードでは従来のVB-2とは異なるフィルターで周波数特性も変化させた、より音の揺れを強調したビブラートサウンド

スタンダードモードは基本VB-2と同じ音になるよう設計はされていますが、技クラフトシリーズはICを使わないディスクリートで構成されているのでVB-2Wの方がオリジナルよりも多少なりとも高品位になっている…はず。

なお、VB-2にはもともとモードツマミもあるにはありますが、サウンドの違いというよりはペダルを踏んでのエフェクトのオン・オフ操作方法を切り替えるだけで、サウンドバリエーションはありませんでした。

本機VB-2Wはカスタムモードの搭載によりVB-2のワンサウンドから2種類のサウンドに進化しています。

ちなみに、4つツマミのBOSSコンの技クラフト化は本機VB-2Wが初。

切り替えスイッチは3つツマミの顔レイアウトの場合は鼻にあたる真ん中の小さいツマミの上にがありましたが、本機VB-2Wでは横一列に並んだツマミの中央下に位置しています。

DEPTH調整ができるエクスプレッションペダル搭載

技クラフトシリーズVB-2wで新たに追加されたDEPTH(エクスプレッションペダル)ジャック

新たに追加されたDEPTH(エクスプレッションペダル)ジャック

VB-2Wとして技クラフト化されるにあたってVB-2Wにはエクスプレッションペダル端子が追加されています。

INPUT端子の横のDEPTH端子にエクスプレッションペダルを繋ぐことで、DEPTHツマミ(ビブラートの揺れ幅)を足元で調整してやることができます。

今までのエクスプレッションペダル端子はEXPと表記されていることが多く実際どのツマミを動かすのかがわかりづらかったのですが、VB-2Wでは端子名自体をDEPTHと表記しわかりやすくしています。

技クラフトシリーズ VB-2W Vibrato 総評・まとめ

面白い!

面白いデスよ、BOSSさん。

ほとんどネタエフェクター扱いのVB-2を技クラフトシリーズで復刻させるなんて。

でもすぐに廃番になってしまうのではないか心配ではあります。

ビブラート専用ペダルなんて使い道はかなり限られますし、そもそもビブラート自体エフェクターなんてなくても奏者が自分でできてしまうもの。

事実、オリジナルのVB-2は発売から4年で廃番とちょっと短命でした。

手動ではとてもできそうにもない超速ビブラートも可能とはいえ、ビブラート単機能のエフェクターの需要がどこまであるかちょっと心配なところではあります。

(管理人も別段買ってまで使いたいとは思いません…)

しかも本機VB-2Wの後に同じく技クラフトシリーズとして出たCE-2W ChorusはCE-1を再現したモードもあり、ビブラート機能もついているという…

しかし、VB-2Wの登場が「 DM-2みたいに超人気の機種でなくても技クラフト化で復刻の可能性がある! 」と、多くのBOSSマニアたちの心をときめかせたのも事実。

ぜひ今後も定番ばかりではなく、遊び心のあるBOSSコンを技クラフト化していただきたいものです。

SG-1W Slow gearとか、ね。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2016年3月5日~現行
製造国
台湾製
コントロール
DEPTH、RISE TIME、RATE、MODE
MODE
LATCH、UNLATCH、BYPASS
接続端子
INPUT、OUTPUT、DEPTH 、ACアダプター
消費電流
35mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。