TU-2 Chromatic Tuner(ペダルチューナー)

   2016/04/28

覇権を握った超人気ペダルチューナー TU-2

BOSS_TU-2_Chromatic_Tuner-クロマチックチューナーイラスト

BOSS開発陣も予想外のヒットを見せたTU-2

本機TU-2 Chromatic Tunerは、言わずもしれた多機能ペダル型チューナーです。

お世話になったという方も多いのではないでしょうか。

KORGのペダルチューナーであるDT-10と双璧をなし、ともにペダルチューナー全盛期時代を駆け抜けました。

そのあまりの視認性の良さと使いが手の良さでラック型チューナーの時代に終焉をもたらせたともいわれる罪深い機種でもあります。

最近では安価で使い勝手もよく視認性も悪くないクリップチューナーの愛用者も増えていますが、管理人はやはりペダルチューナーが好きですね。

TU-2の特徴・機能

ミュート・バイパス機能

TU-2はアウトプット端子によってチューナーの ON / OFF 時の挙動を選ぶことができます。

BYPASS:バイパスアウトプット。TU-2のON / OFFに関わらず常に音が出る。

OUTPUT:ミュートアウトプット。TU-2がオンになりチューニングする時には音がミュートされる。

より視覚的にチューニングを表示するストリームモード

左右へ流れるLEDの光でチューニングがわかるストリームモードを搭載

左右のどちらかで低いか高いかがわかり、流れが早い程ズレています。ぴったりだと流れが止まるので、より視覚的にわかることができます。

もちろん、針が真ん中に合えば音が合ってて、左なら低く右なら高い通常のチューニング表示もできます。

他エフェクターへの9V電源供給機能

TU-2には別のエフェクターに9V電源を供給できる9Vアウトプットもついています。

エフェクターボードに入れての使用を前提にした地味に良い機能です。

TU-2と後継機種機種 TU-3 Chromatic Tunerとの比較

TU-2自体は2009年に新しく出たTU-3に世代交代し、その役割を終えています。

基本的な機能は全て引き継ぎ、レスポンスやチューニング精度・視認性の向上と全てにおいて後継機種のTU-3の方が優れてはいますが、普通に使う分にはTU-2でも全く問題はないので既にTU-2をお持ちという方は買い替える程ではないと思います。

ただ、そのTU-2は名の通りクロマチックチューナーなのでギターモードやベースモードといったモード設定はできません。

後継機種のTU-3はギターモードとベースモードを搭載しているので、初心者でも扱いやすい点がGOOD。

TU-2では、エレキギターのレギュラーチューニング[ E-A-D-G-B-E ](6弦からミラレソシミ)

ベースのレギュラーチューニング[ E-A-D-G ](4弦からミラレソ)がわかっていないチューニングができません。

管理人もいずれTU-2が壊れたら買い替えようと思っているのですが、BOSSのコンパクトペダルって頑丈だからなかなかそのチャンスは巡って来ません。

完全上位互換の最新機種があるおかげで買い取り価格も大したことないし…

無念。

TU-2 Chromatic Tuner レビュー・総評

ペダルチューナー自体、チューナーとしては少々高価にも感じる部分もありますけど、ステージでの使用が多い人であればそれだけの価値はあるかと。

というか、チューナーはほぼ間違いなく毎回使いますから、ちょっと高くてもエフェクターなんかよりもまずは良いチューナーを手に入れた方が良いというのが管理人の信条。

しかし先述の通り、今では後継機種のTU-3という完全上位互換がありますから、わざわざ本機TU-2を使う必要もないでしょう。

普通に使う分には特に問題ないので、価格的なところで中古のTU-2がお得なのであれば選択肢としてはありでしょうけども。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1998年10月~2009年11月
製造国
台湾製
コントロール
MODE
接続端子
INPUT、OUTPUT、BYPASS 、ACアダプター
消費電流
最大55mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。