RV-5 Digital Reverb(デジタルリバーブ)

   2016/04/28

原点回帰のBOSSデジタルリバーブ3機種目

BOSS_RV-5_Digital_Reverb_デジタルリバーブイラスト

ディレイを省き、リバーブ機能に特化したRV-5

本機RV-5 Digital Reverbは再びリバーブとしての機能のみに絞り込んで製作されたデジタルリバーブです。

前身機種であるRV-2 Digital ReverbやRV-3 Digital Reverb / Delayはディレイも含んだお買い得ペダルだったのですが、本機RV-5ではディレイ機能はなくなりリバーブだけに機能を絞っています。

なお、BOSSのデジタルリバーブであるRVシリーズは1機種目がRV-2で、BOSSコンは4という数字を欠番とするため、本機は3機種目にしてRV-5という型番となりました。

新機能 スプリングリバーブモードとモジュレートモード

前身機種であるRV-3のリバーブは二つのルームモードとホールモード、プレートモードのみでしたが、前述の通り本機はリバーブのみに絞る代わりに、リバーブモードのバリエーションが増えています。

具体的にはスプリングリバーブをシミュレートしたSPRINGモードと、残響音に揺れを加えたMODULATEモード(モジュレート)

これら新機能について軽く説明しておきましょう。

バネの揺れまでもシミュレートしたSPRINGモード

スプリングリバーブとは、ユニットの中にバネを張り、そのバネに音の信号を通すことで残響音を得るアナログリバーブです。

デジタルリバーブが出てくるまではこのスプリングリバーブが主流でした。

ただし、そのバネを入れるスプリングユニットが最低でも15センチ程度、大型のものになると30センチにも及ぶこともあり、重量もそれなりになります。

また金属のバネがノイズを拾いやすいなどのデメリットがあるため、デジタルリバーブが普及した現在ではアンプ以外ではほぼ使われなくなっています。

(最近ではアンプ内蔵リバーブでもデジタルリバーブの方が主流になりつつあります。特に小型のコンボアンプ)

そんなアナログなスプリングリバーブをあえてデジタルでシミュレートして再現したのが本機RV-5の面白いところですね。

ただスプリングリバーブの音を再現しただけでなく、バネが揺れた時の水面を打つような音までシミュレートしているところがオツです。

本機のスプリングリバーブモードはのちに発売されるレジェンドシリーズのFRV-1 Fender Reverbの開発にも少なからぬ影響を与えているであろうことは容易に想像できますね。

残響音に揺れを与える新しいリバーブ MODURATEモード

RV-5のもう一つの新モードであるMODURATEモード(以下モジュレートモード)は、リバーブ音にうねりを加えて揺らす独特のリバーブサウンドです。

コーラスなど大抵のモジュレーション系のエフェクターは原音ごと揺らしてしまうのが通常。

ですが、モジュレートモードではリバーブ音のみに揺れを加えるため、通常のリバーブだけでなくモジュレーション系のエフェクターともまた違った独特な音色を得ることが可能です。

ゲートリバーブの復活

RV-2にあったがRV-3でなくなってしまったゲートリバーブが本機RV-5で復活となりました。(GATEモード)

BOSSのコンパクトエフェクターってギター用、もしくはベース用ってイメージを持っている方が多いかと思います。

が、実はBOSSコンのほとんどは様々な楽器て使用することができ、特にリバーブやデジタルディレイなどのペダルはキーボードやボーカル用としても人気。

特にゲートリバーブはそのブツ切りサウンドがドラムなどの打楽器との相性のよいので、サンプリングされた打楽器音を出すときなんかにはぜひ一度使ってみていただきたいエフェクターです。

Digital Reverb RV-5 レビュー・総評

なんせデジタルリバーブとデジタルディレイを世界で初めてコンパクト化し、多くのアーティストや楽器業界に衝撃を与えたBOSSですからね。

「 BOSSのリバーブなんて無難! 」なんて思われがちですが、無難も何もコンパクトサイズのデジタルリバーブはBOSSが元祖なのです。

本機RV-5も2002年に発売となり、なんだかんだ10年以上販売された実績を持つ良ペダルです。

その後2015年に後継機種のRV-6 Reverbと入れ替えに。

残念ながら本機RV-5で復活したゲートリバーブモードがRV-6ではなくなっており、ゲートリバーブを使いたい方はRV-2もしくは本機RV-5を中古で探す必要があります。

(RV-6のDYNAMICが近いといえば近いのですが…)

しかしサウンドも本機RV-5が発売されてからの13年間蓄積された最新技術を活かして全モード新たに作り直しとなり、全体的に高品位にレベルアップ。

しかも新モードも3つ増えています。

RV-6の新品でも15,000円程度とデジタルリバーブとしてはかなりお手頃ですし、今なら中古のRV-5を探すよりはRV-6を買った方が無難でしょう。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2002年7月~2015年8月
製造国
台湾製
コントロール
E.LEVEL、TONE、TIME、MODE
MODE
ROOM、HALL、PLATE、SPRING、GATE、MODULATE
接続端子
INPUT【A】、INPUT【B】、OUTPUT【A】、OUTPUT【B】 、ACアダプター
消費電流
50mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。