FT-2 Dynamic Filter(オートワウ)

FT-2 Dynamic Filter(オートワウ)

開発陣も売れなかったと嘆く残念なオートワウ FT-2

BOSS FT-2 Dynamic Filter ダイナミックフィルターイラスト

斬新ながら短命に終わってしまったダイナミックフィルター。

FT-2 Dynamic Filterは、BOSSコンとしては2作目となるオートワウです。

TW-1 Touch Wah(T Wah)から名前を変更し新たにダイナミックフィルターと名付けられました。

型番もTWシリーズからFT-2へ変更されています。ちょっと特異なサウンドで、オートワウというよりもその名の通りダイナミックに動くフィルターのようなエフェクターとも言えます。

効果自体はオートワウよりはちょっと地味で、ダイナミックって意味では普通のオートワウの方が劇的な変化が得られますけどね。モデル名はダイナミックフィルターなのに音はダイナミックじゃないとはこれいかに。

ちょっと野暮ったかったTW-1のトグルスイッチを廃止して他のツマミと同じノブを使ったロータリースイッチを含めた4つツマミフェイスに。

ネーミングも見た目もなんだか一気に洗練されました。が、モデル名や各ツマミのアレでどんな効果かイマイチわかりづらかったのもあってか、販売期間も2年とかなり短いです。

BOSS初のエクスプレッションペダル対応モデル!

FT-2自体BOSSコン全体的に4つツマミになり、モードツマミがついたりと多機能さを売り出してきた時期のモデル。

最大の特徴はエクスプレッションペダルをつなぐ専用端子のEXP INが搭載されたことでしょう。

実は本機FT-2が、BOSSコンパクトエフェクターで初めてエクスプレッションペダルをつなぐことができるようになった記念すべきモデルです。

このEXPインプットにエクスプレッションペダルをつなぐことで普通のペダルワウのように使うこともできるなかなか斬新なペダルです。

FT-2 Dynamic Filterのサウンド

TW-1 Touch Wahなど従来のオートワウは、バンドパスフィルターを使ってオートワウ効果を得ていました。

が、本機FT-2はローパスフィルターを使うことで低音がよく出るオートワウに仕上がっています。

そのお陰で前身のモデルであるTW-1 T-Wahよりも音も太く、独特な音がします。

普通のオートワウのハイに特徴のあるワウワウって感じよりも、ブヮオブヮオって感じですね。

しかし、その代償として、ワウならではのダイナミックさが通常のオートワウよりも失われてしまいます。

ワウサウンドのくせにちょっと地味です。だからオートワウというよりはフィルターって言いたくなっちゃう。

反対に言えば、この独特なワウ効果を味わうためにはFT-2を選ぶしかないありません。

ファンクってほどじゃないけど薄くオートワウ効果が欲しいときなんかはすごくよいかと。

FT-2 Dyamic Wah総評

モデル名からどんな効果かが連想しづらい点ツマミの働きがわかりにくかった点などが売れ行きが伸びず短命に終わった原因とされています。

その反省からかダイナミックフィルターのネーミングをやめ、後継機は Auto Wah(AW-2)、Dynamic Wah(AW-3)にするなどワウであることが必ず明記されるるようになりました。

これらは回路も刷新され、AW-2はアナログオートワウとしてはかなりの完成度ですし、最新機種のAW-3には更に色々な新機能もついています。

そうしてどんどん使いやすくなっている上、先述の通り本機FT-2はオートワウとしてはちょっとクセのある音。

ただオートワウが欲しいのであれば特段FT-2である必要はないでしょう。

初のエクスプレッションペダル対応でコレクションアイテムとしてはそれなりに人気がある上に販売期間が短かったせいで入手しにくいですし。

ただ、古いエフェクターのサウンドやビンテージのロマンに惹かれるところがあれば、一度は試してみて頂きたいエフェクターですね。

  • 価格   ¥ 10,694
  • メーカーBOSS
  • 販売者 マークスミュージック

オートワウカテゴリの最新記事