SG-1 Slow Gear(スローギア)

   2016/04/28

バイオリン奏法のみの単機能飛び道具系ペダル

BOSS_SG-1_SlowGear-スローギアイラスト

バイオリン奏法のみの超シンプル機能なSG-1 スローギア

SG-1 スローギアは、バイオリン奏法を自動的に行ってくれる超ユニークなエフェクターです。

とりあえず真っ黒な筐体に2つツマミがクールでカッコいいですよね。

しかし、機能はたったそれだけです。

…それだけなんです。

エレキギターだけでなくベースはもちろん、キーボードなどの電子楽器なんかでも使用することができます。

バイオリン奏法(ボリューム奏法)とは

バイオリン奏法とは、ギター側でボリュームを完全にゼロに絞った状態で弦を弾き、徐々にボリュームツマミを回して解放いく奏法

ボリューム奏法とも呼ばれる奏法で、これによって弾き始めは音がせず、後から徐々に音がするようになります。

これによってアタック音のないサウンドが得られ、そのなめらかな音がバイオリンの音色に似ていることからバイオリン奏法と呼ばれている、というワケです。

ギター本体のボリュームツマミだけでなく、ボリュームペダルを用いる場合もあります。

SG-1 スローギアの最大の特徴

SG-1の最大の特徴は構造上バイオリン奏法が難しいエレキギターや、手動では不可能なある程度早いフレーズでもバイオリン奏法が可能な点ですね。

例えばレスポールのようにボリュームツマミが手元から遠いギターでもバイオリン奏法が可能なのです。

エフェクターとしての分類はちょっと難しいところですが、音量を自動的に動かすペダルなので本サイトのカテゴリー上では一応トレモロということにしています。

回路図や中をみたことのない管理人、勝手にピッキングごとにリセットされるLFOに信号を載せているんじゃないかと妄想していましたが…

しかし開発陣によると、ノイズゲートペダルであるNF-1 NOISE GATEの回路を使おうと思ったところから開発がスタートし、結局はNF-1とは逆の働きをさせることによって実現したとか。

管理人が思っているような単純な回路ではないのかも?

SG-1 Slow Gearツマミの働きと意味

SENS(センス・センシビティ)

SENSツマミは接続する楽器の出力に合わせて本機スローギアの入力レベルを調整するツマミです。

ハムバッキングピックアップのギターやベース、その他出力の大きい機材をつなぐ場合は、その大きさに合わせて左に回します。

反対に、シングルコイルピックアップのギターなど出力の小さい楽器をつなぐ場合は右に回します。

ATTACK(アタック)

その名の通り音のアタック部分、つまり音の始まりの部分を調整するツマミ。

音の信号がスローギアに入力されてから出力されるまで、どれくらい遅らせるかを調整します。

マルチエフェクターに搭載されたスローギア

その使い道の少なさからか、本機スローギアは販売期間は3年弱とかなり短命

しかし、これまたなぜか販売完了後に人気が出ました。

プレミアのお陰なのか何なのか…やはり人は失って初めてその大切さに気付くものなんですね。

その後BOSSマルチエフェクターのSE-70やGT-5などに復刻搭載されました。

これには管理人も歓喜、みんなもHAPPY。

これだけの飛び道具だと、マルチエフェクターに入っているくらいでちょうどいいのかも知れません。

それでも使うかと微妙なところですが…

SG-1 SlowGear レビュー・総評

BOSSコンとしてはかなり初期のモデルで出荷台数も少ないため、今ではそれなりにプレミアがついており、しばしば高価で売買されているところを見かけます。

このインターネット最盛期、金さえ出せれば手に入れること自体はできると思いますけど…

楽器店時代に1度だけ買取で実物に触れたことはありましたが、完全に飛び道具、全くもって実用性はありません。

使い道も難しいし、他に代用できる手段も多い。

でも、カッコいいんですよね。スローギアのこの真っ黒な筐体に銀ネジ。

どちみち古いBOSSコンはほとんどコレクション品と化してますし。

スローギア。BOSSコン好きとしては、ぜひともいつか手に入れて手元に置いておきたい一品です。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1979年5月~1882年2月
製造国
日本製
コントロール
ATTACK、SENS
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
消費電流
3.9mA
対応アダプター
ACA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。