RC-1 Loop Station(ループステーション)

   2016/04/28

簡略・簡易版に位置するループステーションの最新作

BOSS_RC-1_Loop_Station_ループステーションイラスト

超シンプルなコントロールで手軽に使えるようになったRC-1

本機RC-1 Loop Stationは、RC-3の簡易版のような立ち位置で登場したループステーションです。

ごちゃごちゃしていたコントロールをえい!とばかりに廃し、なんとボリュームツマミ一つに。

なんとも豪快に突き抜けたペダルです。

超シンプルなコントロールを持つループステーション

本機RC-1はBOSSのRCシリーズ全機種の中でも最もシンプルなコントロールを持つループステーションです。

ボタン類は一切なく、コントロールに使われるのはボリュームツマミ一つと、本体のペダルのみ。

実際同じくループステーション機であるRC-3は高性能・多機能な反面操作が煩雑で、「なんか難しそう」と嫌厭されている面もあり、しかも高価なこともあってハードルが高かった。

そんな方たちにも気軽にループステーションを試してもらおうと、あえてスペックダウン&シンプル化したのが本機RC-1ってなワケです。

機能としては、本機RC-1の最大録音時間が16分・フレーズ数は1

最大3時間・99フレーズも録音でき、しかもそのフレーズセットをごっそりそのままUSB経由でPCに保存しておけるRC-3に比べれば、スペックとしては控えめといえるでしょう。

その分価格も抑えられており、売価で2万円を超えるRC-3に対し本機RC-1は1万円台程度と、ルーパーとしてはなかなか安い価格で売られています。

ある意味ではRC-3ほどのスペック・機能が要らない方向けの廉価版、練り込んだフレーズを持ち込むというよりはその場でパフォーマンスで使えれば言い方向けの簡易版とも言えるでしょう。

そういうわけで基本的に手は全く使わずフットペダルの長押しや二度押しなどでコントロールする仕様になっています。

それではキッチリとしたタイミングがとれないという方は別売りのフットペダルをSTOP/UNDO端子につなぐことで、より楽にコントロールすることができます。

BOSS_RC-1とFS-7

外部フットペダルFS-7とBOSS RC-1

せっかくなら2スイッチのペダルがの方がコントロールの幅が広くていいのですが、中でもペダルが横に並ぶFS-6よりも縦に並んでいるFS-7の方がオススメです。

視覚的にRC-1の状況を知らせてくれるLOOPインジゲーター

RC-1の最大の特徴ともいえるのが、視覚的にループの状況を知らせてくれるLOOPインジゲーター

丸く配置されたLOOPインジゲーターの緑と赤のLEDが光ったりぐるぐる回ったりして現在のRC-1の状況を教えてくれます。

恐らく、ツインペダルシリーズのSL-20 Slicer(スライサー)のTEMPOインジゲーターの流れを汲んでいるのでしょう。

SL-20_スライサーのTEMPOインジゲーター

ツインペダルSL-20 スライサーのTEMPOインジゲーター

このLOOPインジゲーターはコンパクトシリーズのループステーションRC-3やマルチエフェクターサイズのRC-300にもない機能で、一目でRC-1状態がわかる良機能となっています。

今後ツマミの周りにはこんな感じでLEDを廃してツマミが指している方向のLEDを点灯しておいてくれるといいなぁ、なんて思うんですよね。

暗いステージでも視認性が上がって良いかと。値段も上がっちゃいそうですけど。

豆知識・先祖返りした型番

本機RC-1、実はBOSSコンでは珍しいことが2つも起こっている、BOSSマニアとしては非常に興味深い機種でもあります。

まず第一に、同じループステーションペダルであるRC-3と併売されている点。

同じ型式の新製品が出る際には前の型番は廃番にし、「過去は振り返らない」なんて言って原則的に再販をせず、BOSSにしてはなかなか珍しい。

(とはいってもDS-1 DistortionとDS-2 Turbo Distortionだったり、DD-3 Digital DelayとDD-5~DD-7も併売されてきましたし、最近では技クラフトシリーズでセルフモディファイって形ですでに廃番になっているDM-2などが再販されるなどもあるので、そこまで徹底しているわけでもないのですが)

そしてもう一つ珍しいのが、新製品なのに前の機種よりも型番の数字が若くなっている点

これまでこういった例はなく、BOSSコンでは初めてのコト。

何気にBOSSコンの歴史の一端を開いた、BOSSマニアの中でも一目置くべきなかなか興味深いルーパーペダルです。

RC-1 Loop Station レビュー・総評

ルーパーペダル自体はBOSSのループステーション以外にもたくさん出ていますが、どれもそれなりに高価。

そんな中、本機RC-1は実売価格で10,500円と破格の安さ

それでいてステレオインプットステレオアウトプットにも対応し、そして外部フットペダルも使用可能と本格仕様ながら操作は至ってシンプル

なによりLOOPインジゲーターがかっこよく、緑と赤のインジゲーターがぐるぐると回っているのを見ているだけでなかなか楽しかったりします。

ルーパーは欲しいけど、操作が難しそう・価格が高い点がハードルが高くて食指が伸びないってな方は、まず本機RC-1で試してみると良いでしょう。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2014年11月~現行品
製造国
台湾製
コントロール
LEVEL
接続端子
INPUT【A】、INPUT【B】、OUTPUT【A】、OUTPUT【B】、STOP|UNDO 、ACアダプター
消費電流
95mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。