PS-5 SUPER Shifter(スーパーシフター)

   2016/04/28

色々な機能をギュッと詰め込んだピッチシフターペダル

BOSS_PS-5_SUPER_Shifter_スーパーシフターイラスト

BOSSの傑作多機能ピッチシフターペダルPS-5

PS-5 SUPER Shifterは超多機能なBOSSコンの傑作ピッチシフターペダルです。

PS-2から始まってPS-3に続き、PS-4は欠番で3代目。

ピッチシフターとしてできることはほとんど詰め込まれた、まさにスーパーなピッチシフターになりました。

その分操作が複雑なのが難点ですが、ピッチシフター自体どれもそんなようなもの。

そこは説明書をよく読んで使い方をマスターするしかありません。

PS-5はちょっと多機能過ぎ?

本機PS-5は、±2オクターブまでの基本的なピッチシフター機能に加え、ハモリに特化したHR-2 ハーモニストのインテリジェントピッチシフター機能やデチューン機能も統合

しかもHR-2の弱点を歪みエフェクターの後に本機をそのまま繋いでもハーモニスト機能を使うことができるようになりました。

(HR-2では信号を分けてディテクターインに入れることが推奨されていた)

エクスプレッションペダルを使って足元でリアルタイムでピッチシフト量の調整もできます。

更にT.ARMモードならストラトのトレモロアームのサウンドも再現可能

更に更にクリケット奏法を再現するフラッターモードも新搭載

コントロールパネルをパッと見てもらってもうおわかり頂けるかと思いますけど、かなり複雑ですね。

しかもこれだけではまだわかりにくいので、早見表を本体の側面に張って使えるよう、モードシールまでも付属されました。

説明書もかなり分厚くなりましたね。

それにしても、これだけスゴイ機能なのに、たくさん並べてしまうと一つ一つの魅力が薄れてしまうような…

これだけの機能をこんな小さいペダルに詰め込んでるのに、スゴイはずなのになんだか「 ふーん 」ですまされてしまいそうな…

この謎の現象については、BOSS開発陣も「 詰め込み過ぎてそれぞれの機能のユニークさや魅力に対する注目度が薄れてしまった 」と反省しています。

ユニークなT.ARMモード

本機PS-5の多彩なモードの内、管理人が最も気に入っているT.ARMモードをご紹介しておきましょう。

トレモロアームのアームアップ・アームダウンをピッチの可変により再現するモードで、これがあればレスポールでもアーミングの音を出すことが可能です。

このモード何が面白いって、本体のペダルを踏むで自動的にグイ~ンってアーミングしてくれるところ。

普通はオン / オフに使われるスイッチをこのような形で応用。

FET電子スイッチ採用のBOSSだからこそできることですね。

なお、エクスプレッションペダルを繋いでいれば、ペダルの踏み方で連続的にアーミングの具合を調整することができます。

PS-5 SUPER Shifer レビュー・総評

もはや多機能過ぎて ” 何ができるのか ” や ” 何が売りなのか ” をどこから説明すればいいか難しいレベル。

が、反対に言えば ” ピッチ系全部入りペダルで、ピッチシフト関連のことは全部できる ” と言っても過言ではありません。

ピッチシフターとしては究極系とも言えるでしょう。

ただ、やはりデジタルものはどんどん進化していきます。

今では更にパワーアップされた後継機種としてPS-6 Harmonistが出ています。

もちろん、そこまでの機能は不要でPS-5で十分という可能性もありますから、その辺りをよく考慮してPS-5の中古品も一緒に検討すると良いでしょう。

なんせピッチシフターペダルは結構高価ですから…

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1999年10月~2010年9月頃
製造国
日本製
コントロール
BALANCE、MODE、H.R.KEY、PITCH
MODE
PICTH SHIFTER、HARMONIST、DETUNE、T.ARM、FLUTTER
接続端子
INPUT、OUTPUT【A】、OUTPUT【B】、EXP 、ACアダプター
消費電流
50mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。