OS-2 OverDrive / Distortion(オーバードライブ / ディストーション)

   2016/04/28

2 in 1の超便利歪みペダル OS-2!

BOSS_OS-2_Overdrive_Distortion_オーバードライブディストーションイラスト

OS-2 OverDrive / Distortion は、オーバードライブとディストーションを一台のコンパクトエフェクターとしてまとめた歪み系ペダルです。

エフェクターとして全く違うキャラクターを持つ歪みを1台にまとめたなかなかお買い得で面白いコンセプトですね。

「 ディストーションとオーバードライブのどっち買えばいいのかわからん! 」

と迷った方にオススメしたい一品。

特にどちらを先に買うのがいいかわからない、違いがいまいちわからない初心者にオススメ。

そういうわけでか、高校生の足元でもよく見かけるBOSSコンの一つです。

ディストーションとオーバードライブの2台分の音+αが出せるので、コスパ重視の人にもオススメできます。

OS-2の特徴 オーバードライブとディストーションミックス

本機OS-2の最大の特徴は、COLORツマミでディストーションとオーバードライブのサウンドをミックスさせるが可能な点でしょう。

ただ「 ディストーションとオーバードライブを1台の筐体に入れました! 」なんて面白味のないことをBOSSがやるわけがないです。

もちろん、COLORツマミをODかDSかのどちらかに片振りすればどちらかだけのサウンドも楽しめます。

実はOS-2の1年前に発売されたマルチエフェクターのBE-5にもオーバードライブ / ディストーションにもCOLORツマミがついていて、この部分をコンパクト化したものです。

DS-2やOD-2などのTURBO系のペダルのように切り替えスイッチにする案もあったようですが、当時スイッチよりもポット(ツマミ部分のパーツ)の方がコスト的に安かったため、試しにつけてみたら意外とイケるサウンドだったので、MIXさせる方向に。

何も考えずただ二つの回路をぶち込んで最後にミックスさせるだけだと、枝分かれした二つの信号にズレが生じて最終的に打ち消し合ってしまうため、色々と対策を施しているとのこと。

その辺りがBOSSの腕の見せ所なのでしょう。

OS-2 OverDrive / Distortionのサウンド

悲しいかな、そのハード面の特徴のためにあまりサウンドは語られないことが多いOS-2。

ですが、ディストーションもオーバードライブもやはりBOSSらしいよくまとまっていて扱いやすいサウンドです。

MIXした際の音を考慮してか、単純にキャラクター分けをするためか、オーバードライブ・ディストーションともにそれぞれ同種の他のペダルとはちょっと違った味付けのサウンドに。

これから初めての歪み系エフェクターを選ぶ方にも、既にBOSSの歪みペダルを持っている方にも、是非一度お試し頂きたいところですね。

OS-2 OverDrive / Distortion レビュー・総評

OS-2の特徴はなんといってもディストーションとオーバードライブの音を1台で出せるっていうお買い得感ですよね。

初めての歪み系エフェクターや、ちょっとした時に1台で済む歪みペダルを探しているなんて人にピッタリ。

毛色の違う2つの音をミックスできる点もなかなかグッド…ですけど、このサウンドに関してはそこまで好評というほどでもないような。

最初は「 へぇ、こんな音か 」ってなりますけど、そこまですごく斬新な音って程でもないし、すぐ飽きてしまうかもしれません。

歪みの質が変えられるという意味では飽きにくいエフェクターのはずなんですけどね。

OS-2の弱点は、3つのサウンドバリエーションがあるとは言っても結局セッティングしておいた音 or 原音のどちらかしか出せない点

1台で色々な音が楽しめるとは言ってもこれではあまり意味がないといえばないですよね。

DS-2 TURBO Distortionや、OD-2R TURBO Distortion、SD-2 DUAL Distortionなんかはフットペダルを接続することで、本体の2つの歪みサウンド+原音の3つのサウンドを使えることができるんですよ。

OS-2はキャラクターの切り替えがそもそもスイッチじゃなくてポットだから難しいんでしょうね。

逆にスイッチの代わりにエクスプレッションペダルでMIXツマミのパラメーターを変えられたら面白そうですけど。

それこそすぐに飽きてしまいそうな。

とまぁ、最後の最後に悪いように書いてしまってあれですけど、そもそもほとんどのディストーションペダルやオーバードライブペダルもオン / オフのどちらかしか使えません。

ディストーションの音もオーバードライブの音も、そして両者の音をミックスした音も出せるのはBOSSコンでは本機OS-2だけ。

ディストーションかオーバードライブかで迷っているアナタ!

とりあえずOS-2買えば間違いはないですよ。

他のペダルを買ってメインが差し替わっても、サブ機として長く使える便利系ペダルでもありますから。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1990年5月~現行品
製造国
台湾製
コントロール
LEVEL、TONE、DRIVE
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。