CE-3 Chorusのステレオモードツマミの使い方

   2016/04/28

CE-3 STEREO MODEツマミの働きと使い方

BOSS_CE-3_Chorus_コーラス旧ノブバージョンイラスト

BOSSらしからぬ見にくさとわかりにくさで不評なCE-3 Chorus

前回、BOSSコン初のステレオ出力端子がついたCE-3 Chorusについてご紹介しました。

そのステレオ時の出力方法を変えるSTEREO MODEスイッチもついているのですが、この表記がなにがなんだか非常にわかりにくい。

BOSSの開発陣、初のステレオ出力に気合い入れるのはよかったんですけどね…

今回はいつもの機種紹介ではありませんが、備忘録も兼ねてこのSTEREO MODEツマミの働き方について解説します。

 

CE-3 STEREO MODEツマミの働き 備忘録

BOSS_CE-3_Stereo-Modeスイッチ周り

件のCE-3 STEREO MODEスイッチ周りの表記

まず基本を押さえると、筐体に書いてあるDやDirは原音を意味します。

(D=Dry=ドライ=原音だと思っていたのですが、横にはDirってあるんですよね…なんの略なんだろう…)

→ 2016年1月11日追記:Dir=ダイレクト(Direct)とのことです。マサル様からコメント欄にて情報を頂きました。ありがとうございました!

EやEffはエフェクトを意味していますね。

これで一目瞭然…なわけはなく、イマイチわかりにくい。

アンプを1台だけつなぐ場合と2台ともつなぐ場合、それぞれの具体的な使い方と音の出方を見て見ましょう。

モード1+モノラル(アンプ1台使用)

アンプ一台にだけつないでモノラルで使う時はモード1を使います。

アウトプット端子はAでもBでも構いません。

ちなみにこの後解説しますが、(MONO)表記は「 モノラルで使うときはこっちですよ 」って意味で、モード1の時でもステレオとして使うことは可能です。

モード1+ステレオ(アンプ2台使用)

モード1はモノラル専用ではなくステレオで使えます。

モード1でアンプ2台につないだ場合、どちらからも原音とエフェクトがミックスされた音が出ます。

つまり、どちらからもモノラルでつないだ時と同じく原音+エフェクトの音が出てくるのです。

ただし、アウトプットBの方はAの信号の位相が反転したの音になっています。

この二つの音、原音+エフェクト音と-(原音+エフェクト音)は信号が逆なだけで、形自体全く同じなので片方ずつ聴く分には全く同じ音。

ですが、同時に出力された場合互いに干渉し打ち消しあってしまいます。

こう書くと悪いことのように思えますね。こんな回路設計にしたのか、見識の浅い管理人にはイマイチわかりませんが…

多分ですけど、あえてこうすることで独特なサウンドを狙っているんじゃないかと。

一応、CE-2から出力されるときの信号はキレイに同じ形・同じ大きさで真逆になってますけど、その後アンプを通るので信号自体の出力・音量が変わりますし、アンプを置く位置、音を聴く位置で音の打ち消し合い方が変わるんです。

これによってもたらされる音の立体感と空間的な広がりを演出するためにあえてこうしているんじゃないかと推察しています。

もしくはあえて打ち消し合わせることによって、2つのアンプから同じ音が出た時に重なって変に強調されるクセの部分を減らしたかったのかもしれません。

元よりCE-2やCE-3は中音域が強調され、音量も若干上がりがちなので、その辺りの調整のためなのかと。

ともかく両方から全く同じ信号で出しちゃうとただ同じ音が足されて爆音になるだけで、深みがなくなるんじゃないかと思うんです。

以上!勝手な憶測ですけど。

モード2はアンプ1台(モノラル)では使えない

モード2ではモノラルのコーラスとしては使えません。

STEREO MODEスイッチをモード2に合わせた状態でアウトプットのどちらかだけアンプ1台につなぐと、エフェクターをオンにしても原音しか出力されないのです。

これはアウトプットA、Bどちらにつないでも同じです。

ただただ電池の無駄なので、モノラルで使う場合はモード1に合わせましょう。

モード2+ステレオ(アンプ2台使用)

モード2でアンプ2台につないでステレオで音を出すと、モード1とはまたサウンドキャラクターの違うステレオサウンドになります。

というのも、モード2の場合

・アウトプットAにつないだアンプからはピッチがずれたエフェクト音のみ

・アウトプットBからはギターの原音のみ

が出てきます。

そして、それぞれのアンプから出た原音とエフェクト音の二つが空間上で合わさってコーラス音になります。

そのため非常に自然でキレイな、立体感にあふれるコーラスサウンドになるのです。

実はこれ、BOSSブランドの大元であるRolandの名アンプ JC-120のコーラスと全く同じ構造。

もともとCEシリーズ自体がJC-120の人気の立役者であるコーラスの音を再現するためのものですから、この機能はしごく当然でしょう。

ただ、その効果を100%引き出すためには2台のアンプの配置やセッティングに神経を使う必要があります。

CE-3 モードツマミの使い方まとめ

モノラルで使うときはモード1に合わせれば、アウトプットA / BどちらでもOK。

モード2はモノラルは不可。

ステレオで使う時は、モード1とモード2とでサウンドキャラクターが異なる。

モード1でのステレオの場合、双方のアンプから原音とエフェクト音がミックスされた音が出る。

モード2での場合、RolandのJC-120と同じく片方からは原音のみ、片方はエフェクト音のみが出力され、自然なコーラスサウンドに。

それにしてもステレオモードの表示、わかりにくいですよね。

ただでさえステレオモードのスイッチと2つのアウトプットの連動の仕方が複雑なのに、表記がワケわかんないから余計混乱します。

特にD-Eってところ。原音からエフェクト音を除くって表記にしか見えません。

実際は位相を反転させるって意味なんですけどね。

しかも前回の解説記事でも書いたのですが、CE-3はボディーが派手なメタリックな上に文字が小さくて見にくい。

なんともBOSSらしくないミスというかなんというか。

CE-3 ChorusはBOSSらしいキレイなコーラスサウンド&ステレオアウトでコーラスペダルとしては決して悪くないのですが。

もしかしたら本機CE-3の失敗もあって、その後の機種ではわかりやすく表記するよう努めたのかもしれませんけど…

販売期間・スペック・仕様


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. マサル より:

    directでdirです。

    • 国王(管理人) より:

      >>マサル様
      はじめまして!
      長年の素朴な疑念がようやく解けました…
      さっそく記事にも書き加えさせて頂きます。

      ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    MONOの場合、ダイレクト音の位相はAもBも同じです。エフェクト音の位相がAでは正相、Bでは逆相になっています。左右からのエフェクト音を逆相にすることで、左右の広がりを出しています。

  3. 匿名 より:

    あ、コメント公開しなくても良いですよ。そっと書き換えてください。

    • 管理人 より:

      貴重な情報ありがとうございます!

      そっと書き換えなんてそんな姑息なこと…!たまに自分で間違い見つけてやってるけど…!

      やさしさと貴重な情報とをありがたく受け取って、精査して修正します。
      (ただ、お名前は公開されない前提で付けていたかもしれないので匿名とさせて頂きました。)

      ありがとうございました!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。