HM-2 Heavy Metal(へヴィーメタル / ディストーション)

   2016/04/28

DS-1につぐBOSSディストーションペダル2機種目 HM-2

BOSS_HM-2_Heavy_Metal-ヘビーメタルイラスト

HM-2 Heavy Metalは、1983年10月に登場したBOSSコン初のメタル系ディストーションペダルです。

今ではBOSSでも数あるメタル系ディストーションですが、その開祖は本機HM-2。

そして意外なことに、本機HM-2はBOSSのディストーションペダルとしてはまだ2機種目

メタル系ディストーションっていうと新しそうな気がしますけど、実はBOSS初のディストーションペダル DS-1 Distortionの次には本機HM-2 ヘビーメタルが出ています。

かなり初期の段階からメタルディストーションを造っていたんですね。

HM-2のヘビーメタルサウンド

OD-1 OverDriveで公表を博した非対称型クリッピング回路を昇華させた回路を組み込んでいるとかで、ヘビーな歪みながらダイナミックレンジが広く音やせの少ないサウンドを実現しています。

沈むような深い歪みならではのロングサステインと大型アンプのような音圧が魅力的ですね。

発売当時である1980年代、音楽シーンではヘビーメタルが流行っていました。

とはいってもまだヘビーメタルというジャンル自体が真新しく、今のようにメタル向きの器材なんてほとんどない時代。

当然アンプにもメタル用なんてなく、みんなMarshallアンプをフルゲインで使っていたんです。

そこにBOSSが目をつけ、マーシャルアンプのフルアップサウンドをペダル化したのが、本機HM-2のサウンドなのです。

これが見事にヒットし、当時バカ売れだったそう。

マーシャルのサウンドを再現するため波形レベルで分析してもなかなか難しかったとかで、かなり苦労したようです。

特に高音域の歪みと原音の分離感を再現するのがかなり難易度が高かったようだったようですが、最終的にはそこをボリューム回路ような構造で組んだら持ち上げてもフィードバックせず、うまくいったのだとか。

ちなみに中央二つのCOLOR MIXのL、Hのツマミはそれぞれ低音域(Low)と高音域(High)のトーン回路

12時の位置でフラットで、COLOR MIX Lは100Hz周辺のブースト・カットCOLOR MIX Hは1KHz周辺のブースト・カットを行います。

このトーン回路のおかげで音作りの幅も広く、後に大ヒットしロングセラーペダルとなるMT-2 メタルゾーンの基礎はHM-2でもうすでに出来上がっていたと言ってもよいでしょう。

HM-2 ヘビーメタルレビュー総評

発売当初はかなりのヒットをみせた本機HM-2ですが、残念ながら流行りの音は移ろいゆくもの。

特にメタル系のサウンドは今と当時とではかなり違いますからね。

ヘビーメタルなんてネーミングではありますが、最近のメタルサウンドとは全く別物なので注意。

1980年代のヘビーメタルサウンドなんてかなり狭い分野に特化したディストーションペダルのため、現在ではあまり人気がありません。

出荷台数は多かったのもあってそこまでレアでもなく、あまり価格も上がっていません。

しかし80年代のヘビーメタルが好きな人は、ぜひ手に入れておきたい機種ですね。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1983年10月~1991年10月
製造国
日本製・台湾製 両方あり
コントロール
LEVEL、COLOR-MIX-L、COLOR-MIX-H、DIST
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
消費電流
10mA
対応アダプター
ACA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。