FBM-1 Fender ’59 Bassman(BOSSレジェンドシリーズ ’59ベースマン)

   2016/04/28

Fenderとコラボし、かの名アンプベースマンを忠実に再現したBOSS FBM-1

BOSS_FBM-1_Fender_59Bassman_フェンダーベースマンイラスト

音だけでなく、Fender Bassmanの外観も再現したカッチョいいカラーリング

FBM-1 Fender Bassmanは、名アンプ ” ベースマン ” のサウンドをBOSSのデジタル技術COSMで忠実に再現したアンプシミュレーターです。

本体上の印字上はFender ’59 Bassmanとなっていますが、正式なモデル名称としてはただBassmanと表記するのが正しい模様。

2007年、BOSSがフェンダー社とコラボしたレジェンドシリーズとして、FRV-1 Deluxe Reverbとともに華々しくデビューしました。

初づくしなレジェンドシリーズFBM-1

FBM-1はBOSSにとって色々と初めてづくしなコンパクトペダルです。

今まで公式で他社とコラボしたことがないから当たり前っちゃ当たり前ですけど、他社のロゴが入るのは初めてのことですね。

今のところBOSSコンはFender以外とはコラボを行っておらず、FBM-1を含むレジェンドシリーズに入ったFenderロゴがBOSSコンに初めて入った他社ロゴであり、唯一BOSSコンに入ったことがある他社のロゴです。(2016年2月現在)

更に、FBM-1はペダルのラバー部分が茶色になっていますが、このラバー部分に黒以外が使われたのも初めてのこと。

ベースマンのグリルクロス(スピーカー保護のための布)であるブラウントーレックスをイメージしたブラウンカラー

のちに出た同じくレジェンドシリーズのFRV-1 Fender Reverbも同様に黒ではなくブラウンで、今のところここが黒じゃないのは本機FBM-1とFRV-1のみ。

(もう一機のレジェンドシリーズ FDR-1のラバー部分は黒)

ベースマンとしてのサウンドと再現度

1959年製のベースマンと言えば数あるベースマンシリーズの中でも人気の高い、10インチスピーカーを4発搭載&ツイード張りのコンボアンプタイプでしょう。

ベースマンらしく芯がありながらもしっかりと歪む華やかな音色をうまく捉えており、さすがBOSSだなぁ、と思うところです。

BOSSは2007年で出たペダルからCOSMを駆使したものが一気に増えるのですが、こうしてこともなげに音を忠実に再現してしまうのでスゴさがイマイチ伝わらないでいる気も。

PRESENCE、MIDDLE、BASS、HIGH、GAIN、LEVELの6つのコントロールの並びと、二つのインプットまでも忠実に再現しています。

(ただ、本来2ボリューム表記でゲインはないはずがわかりやすさを優先して片方をGAIN表記にしている模様)

その独特なツイード&グリル&シルバーのパネルの外観もカッコよく再現できているところもGOOD。

欲を言えば実際にツイード張りになっていればベストだったのでしょうが、本物のツイード張りを実現するには筐体がちょっと小さすぎるし、手間・コストがかかりすぎるので難しかったのでしょうね。

FBM-1 Fender ’59 Bassman レビュー・総評

ベースになったアンプのモデル、つまるところ音の好みはおいておくとしたら単にお得感ではFDR-1の方が上といえるかもしれません。

なんせFDR-1にはリバーブもビブラートもついているんですから…

アンプシミュレーター部分を単純にオーバードライブくらいの歪みペダルとしてみて、+リバーブ&ビブラートもついていると思えば格段にお得感が増します。

しかしエフェクターとしてではなくプリアンプとして使う分にはより細かくイコライジングできる本機FBM-1の方が優秀とも言えます。

管理人はこの唯一無二のルックスに惹かれてついついほしくなってしまい、知り合いから譲ってもらいました。

しかし残念なことに、その後廃番に際し最終的には特価品として新品がかなりの安価で投げ売りされてしまいました…

そのため値が崩れ、中古市場でも結構安値で取引される残念な機種です。

発売当初に普通の値段で買ってしまったみなさんがちょっとかわいそう。

実はBOSS(というかRoland)とFenderのコラボはレジェンドシリーズだけでなく、Rolandのギターシンセ技術を用いたエレキギターV-GuitarをFenderブランドで出しています。

こちらも予想よりもウケが悪かったらしく、最終的には特価品として結構な値段で売られる結果に。

渋谷のイケベ楽器さんでV-Guitarがいい具合の特価で売られていて、小一時間迷ってしまったのはいい思い出です。

(と、たまにはBOSSコンとは関係ないところで締めてみる)

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2007年1月~2013年8月
製造国
台湾製
コントロール
LEVEL、MIDDLE、BASS、TREBLE、PRESENCE、GAIN
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
消費電流
36mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。