DM-3 Delay(アナログディレイ)

   2016/04/28

アナログディレイ名機の後継機種 DM-3

BOSS_DM-3_Delay_ディレイ
DM-3 DelayはBOSS アナログディレイの名機 DM-2 Delayの後継機種として、1984年に登場しました。

後述しますが、実は回路自体はそう大きくは変わっていません。

しかし残念ながらデジタルディレイの名機DD-2と競合するハメになり、また前身機種がアナログディレイ名機DM-2であったこともあって、DM-3自身はさほど人気を得ることはできませんでした。

ちなみに、DM-3は3つツマミのVの字のレイアウトですが、普段使われていないタイプのノブが採用されました。

しかしこれがあまりウケがよくなかったようで、結局今後このノブが他の機種に使われることはありませんでした。

個人的にはラックとかオーディオ系のツマミっぽくてデザインとして悪くないと思うのですが…

やはり3つツマミだといつも使われているツマミでないとBOSSらしくないと思われてしまうのかもしれません。

そういうわけで、BOSSコンパクトエフェクターでこのタイプのノブが使用されたのはDM-3のみ

(でもたまに似たようなノブがついているCE-2Bを見かけるんですけどね…なんなんだろう)

コレクションする上では重視したいポイントです。

DM-2からDM-3への変更点

DM-3での主な変更点は、

・BBD素子を低電圧タイプに変更

・DIRECT OUT端子の追加

DM-3ではノイズ対策を重視し、BBD端子を低電圧タイプに変更しています。

アナログ機ですから、ノイズ対策は大事ですね。

また、その名の通り原音のみを出力するDIRECTアウトプット端子を追加。

通常のアウトプット端子と併用することで、サウンドにより空間的な広がりを持たせることができます。

あとは冒頭で紹介したノブのデザイン変更くらいでしょうか。

回路の構造など、特に大きな変更はありません。

というのも、実はDM-3の開発の経緯が「 新機能盛りだくさんのニューモデル出そう! 」っていうバージョンアップのためではなく、この後解説する販売価格の調整にあったためです。

DM-3はDM-2を値下げするためのモデル!?

実を言うと本機DM-3はDM-2の販売価格の調整、平たく言えば値下げするために造られたモデルです。

色々な経緯があってDM-2の販売価格設定を24,800円から19,800円に値下げすることになり、「 それではDM-2を24,800円で買った人々がかわいそうではないか 」ということで、ニューモデルという形でDM-3を安く出して解決したわけです。

(実はデジタルディレイのDD-2とDD-3でも同様のことが行われています)

値下げに至った理由

まず値下げに至った理由の一つが、DD-2 Digital Delayの台頭です。

BOSS初のアナログディレイであるDM-2の発売から2年後、デジタルディレイであるDD-2が開発・発売されました。

今ではパーツの事情もありBOSSはディレイに関しては完全にデジタルの方へ舵を切っていますが、当時はまだ社内でも「 これからの時代、ディレイはアナログかデジタルか 」で決めかね、両方売ることにしていたそうです。

DD-2の販売価格は29,800円で、DM-2は発売当初から価格24,800円で販売されていました。

しかし当時はまだまだハイファイで高価なイメージがあったデジタルディレイであるDD-2と、アナログディレイのDM-2の価格差が5,000しかないのではDM-2が割高に感じられてしまうという危惧が。

そこへもう一つ、DM-2の回路の要となる遅延素子の仕入れ価格が一気に下がるという要因も重なります。

当時まだこういった素子が出回り始めたばかりで高価だったのが、量産効果で価格がすごい勢いで値下がりしていたんです。

そのパーツ価格低下の還元も兼ねて、めでたく価格設定を19,800円にすることに決まりました。

そして、前述の通りすでにDM-2を購入したユーザーの心情を鑑み、DM-2とは別の機種としてDM-3とすることになったのです。

この目論見、大当たりでしたね。

本機DM-3にとっては残念なことですが、今ではDM-3よりもDM-2の方が人気なので、DM-2を所持している人は鼻が高いことでしょう。

DM-3 Delay総評

なんだかDM-3のいいところはあまりなく、DM-2の株ばかり上げてしまったようですが…

しかしアナログディレイとしての実用性を考えれば名機DM-2の流れを全然悪くないですし、コレクションアイテムとしてもBOSSで唯一のツマミノブを使用したという個性もあり、決して悪いペダルではないかと。

なにしろアナログディレイの名機DM-2とデジタルディレイの名機DD-2に挟まれてしまったのが運のつきでした。

ちなみに販売期間は1984年から1988年と短命ですが、それは不人気が直接の理由ではなくDM-3に使われていた松下の遅延素子が1988年頃生産完了となったためです。

代替品を探してでも続けようと思えば続けることもできたかとは思いますが…

その頃にはデジタルディレイのDD-2が圧倒的な人気を誇るようになり、アナログディレイに見切りをつけてしまったのかもしれません。

もともとコンパクトエフェクターサイズにするのは不可能と言われていたデジタルディレイだったのに世界で初めて実現しちゃったもんだから、そりゃあ売れますよ、DD-2。

何度もしつこいようですが、DM-2とDD-2に挟まれてしまったのが運のつき、ってところですね。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1984年5月~1988年5月
製造国
日本製
コントロール
REPEAT RATE、INTENSITY、ECHO
接続端子
INPUT、OUTPUT、DIRECT OUT 、ACアダプター
対応アダプター
ACA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。