DM-2 Delay(アナログディレイ)

   2016/04/28

BOSSコンパクトシリーズ初のアナログディレイ

BOSS_DM-2_Delay_ディレイ

DM-2 DelayはBOSSコンパクトシリーズのアナログディレイ記念すべき第一号機です。

というかそもそもBOSSコン初のディレイですね。

気になるディレイタイムは20m sec~300m sec

2年半遅れで発売されたデジタルディレイDD-2 Digital Delayの最長800m secには見劣りはするものの、アナログらしいその暖かみのあるサウンドは非常に魅力的です。

ビンテージのBOSSコンパクトエフェクターの中でも人気のある機種です。

DM-2 Delayのサウンド

アナログディレイであるDM-2の音の話になると必ず出てくるのが『 暖かく柔らかいサウンド 』という言葉。

しかしアナログディレイが持つ暖かく柔らかい音や雰囲気はもともと狙って作ったものではありませんでした。

DM-2が出た当時の技術力とアナログ遅延素子では、300m secもの長さで音を繰り返すディレイ音を作るには、かなり多くの周波数帯域を削る必要があったのです。

もともと、ディレイタイムを稼ぐために音質を犠牲にしていたんですね。

このディレイ音が劣化こそが、アナログディレイ最大の魅力である音の暖かさ、柔らかさの正体。

特に耳に分かりやすい高音の角が取れ、柔かくマイルドな音になったです。

結果オーライってやつです。

この音の変化はあくまでもただの妥協であり意図したものではなかったため、実際にそういう評判を受け、開発陣も少し戸惑ったそうです。

半面デジタルディレイは元の音を完璧にコピーし、音量を小さくしながらも減衰や劣化がなく完璧に再生できますが、これが嫌味な音として嫌味に感じるとか。

社外秘のためか具体的な情報はなく真偽の程は不明ですが、最近ではデジタルディレイを設計する際はこのアナログディレイの音の劣化をシミュレートして音を似せる、という手法が使われているそうです。

廃番になってしまったDM-2の遅延素子

ディレイの核のなるのは遅延素子とクロックドライバの二つのパーツです。

・前期型がMN3005、MN3101のペア

・後期型がMN3205、MN3102のペア

ここまでは突き止めたのですが、実はこれら全部生産終了になっていた。

実は管理人もアナログディレイが欲しくて、どうにかしてDM-2を自作しようと思ってみたことがありました。

が、上記の遅延素子に加えNE570というICも生産終了になっていて手に入ってもプレミアで高石、代替品探すのも面倒になって断念。

しかし業シリーズ DM-2Wで復活?

BOSS自身によるセルフモディファイである業シリーズのDM-2Wとして再登場。

パーツ集め・代替パーツ探しの面倒をかけてまでDM-2を自作をしなくてもよかったとなんとなく安堵しながらも、結局DM-2Wを買うお金が工面できずにいる管理人です。

でも、当時DM-2の販売価格が24,800円だったことを考えればそう高い買い物でもないのかも?

DM-2 Delay 総評・レビュー

BOSSといえばDD-2の発売時のインパクトもあつてデジタルディレイが有名ですが、アナログディレイの評判もかなりよかったんですよね。

BOSSコンパクトシリーズのアナログディレイは本機とDM-3 Delayの2種のみ。

しかし、人気度で言えば後継機種のDM-3よりも本機DM-2の方が人気があります。

先述の業シリーズに選ばれたのもDM-3ではなく本機DM-2ですし。

パーツの違いやオリジナルのDM-2のパーツの劣化具合などもあるため、厳密にオリジナルと同じ音を出すのは難しいかと思いますが、コレクション目的でもなく実戦で使うためのアナログディレイが欲しいのであれば、DM-2を探すより素直にDM-2Wを買った方が無難でしょう。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1981年6月~1984年2月
製造国
日本製
コントロール
REPEAT RATE、INTENSITY、ECHO
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
対応アダプター
ACA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。