DD-2 Digital Delay(デジタルディレイ)

   2017/09/10

BOSS初で世界初 コンパクトエフェクターサイズのデジタルディレイ

BOSS_DD-2_Digital_Delay_デジタルディレイイラスト

世界初のデジタルディレイ DD-2 “Digital Delay”

本機DD-2 Digital Delayは、BOSS初のデジタルディレイのコンパクトエフェクターです。

というか、世界初のコンパクトエフェクターサイズのデジタルディレイです。

当時はまだまだパーツの小型化が進んでおらず、デジタルディレイをコンパクトエフェクターサイズの筐体に収めるのは技術的に無理と言われていた時代。

そんな中BOSSがいきなりDD-2を出したもんだから、業界には衝撃が走ったそうです。

BOSSって無難で定番!みたいなイメージありますけど、世界初のオーバードライブであるOD-1 OverDriveといい本機DD-2といい、結構世界初なことを色々とやっているんですよね。

気になるDD-2のディレイタイムは最短12.6m sec~最長800m sec。

ただデジタルディレイをコンパクトエフェクターにしましたよ!ってだけじゃなく、HOLD機能・ステレオアウトなど機能面でも充実し、第一線で使うことも考えられています。

BOSSの技術力の高さを世界に見せつけたと歴史的な名機と言えるでしょう。

デジタルディレイの名機DD-2 開発秘話

今では当たり前のように存在するコンパクトサイズのデジタルディレイですが、DD-2が出た1983年当時まではそうはいきませんでした。

技術的にまだまだパーツの小型化が進んでおらず、コンパクトエフェクターの筐体に収めるのが物理的に難しかったのです。

そのためデジタルディレイといえば大型のラック式エフェクターが主流で、そもそもまだデジタルディレイ自体出回り始めてそれ程経っていない頃。

デジタルディレイ=超高品位なプロ用機材というイメージでした。

そんな折、BOSSの親会社であるRolandがラックのデジタルディレイSDE-3000を造ってたんですよね。

このSDE-3000用に作ったカスタムICの全長が ” たまたま ” BOSSコンパクトシリーズペダルの筐体の横幅ピッタリだったので、「 もしかしていけるんじゃないのコレ 」と開発がスタート。

とは言えデジタルディレイのコンパクトエフェクターは今まで成し遂げたことのなかったことで、かなり苦労をしたそうです。

BOSS開発陣のDD-2苦労エピソード

パーツを斜めにしてでも基板に収めろ

やはりサイズ的に色々無理があったようで、通常は縦向きか横向きかで並べる抵抗やらICやらについても、「もうセオリーは考えず、斜めでもなんでもいいか基板内に収めろ 」とハッパがかけられたそうです。

結局、従来通り縦と横で並べた方がスペース的に効率がよく、斜めになることはなかったようですが、パーツを挿し込むための穴が多すぎて基盤の強度が心配されたレベルだったとか。

本機DD-2(もしくはDD-3)の裏ぶたを開けたことある方いらっしゃるかもしれませんが、パーツがズラリと並ぶ様はなかなか壮観です。

出来上がるまで部屋から出るな

当時若手の開発スタッフは、若いんだから体力あるだろう、ということで「 部品が全部入るまで部屋から出てくるな! 」くらいの勢いで開発部屋に詰め込まれたそうです。

今の世ならブラック会社のパワハラ案件なのでは…

これなかなか辛い作業ですよ…

多少のパーツ数と制約なら、基板の配置や道筋を考えるのもパズルみたいで楽しいんでしょうが…

DD-2はICの多いこと多いこと。ICって足が多い上に何番の足に何をつなぐかが厳しく決まっているから、制約が多いんですよね…

ご苦労様でした。

名機なのに超短命な理由と後継機種DD-3

記念すべきコンパクトエフェクター初のデジタルディレイとして名器とあがめられるDD-2ですが、販売期間は3年弱と超短命。

実を言うとDD-3、中身はDD-2とほぼ同じなんです。

DD-2の記録は伸びませんでしたが、そのDD-3がそのまま超ロングセラーとなった点を鑑みればDD-2の実力の程がわかるというものでしょう。

この辺りのお話はまた次回、DD-3の折にでも…

DD-2 Digital Delay レビュー・総評

デジタルディレイは技術の進歩によってどんどんディレイタイムが伸び、全体的に高品位になっていきます。

なので、実用として考えるとわざわざDD-2を買う必要はないかと。

DD-2と現行機を比べると、ディレイタイムがケタ1つ違うレベルですからね…

しかしDD-2は実用性はともかく、コレクションアイテムとしてはかなり人気度の高い機種です。

何せBOSS初どころか、世界初のコンパクトサイズデジタルディレイな歴史的なエフェクターですから。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
1983年12月~1986年8月
製造国
日本製
コントロール
E.LEVEL、F.BACK、D.TIME、MODE
MODE
S.50ms、M.200ms、L.800ms、HOLD
接続端子
INPUT、OUTPUT(MONO)、OUTPUT(STEREO) 、ACアダプター
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。