CP-1X compressor(ギター専用コンプレッサー・Xシリーズ)

 

BOSSコン初のギター専用コンプレッサーペダル

boss_cp-1x_compressor_%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

BOSSコン史上初のギター専用コンプレッサー CP-1X

本機CP-1X Compressorは、Xシリーズの5機種目にしてBOSSコンパクトエフェクター初のギター専用コンプレッサーペダルです。

ベース専用のBC-1X Bass Compressorとは兄弟機。

本機CP-1Xが発売されたことでギター・ベース双方の専用のコンプレッサーペダルが出そろいました。

(CP-1X、BC-1X以前にギター・ベース兼用コンプレッサーとして出ていたCSシリーズはもう出ないのかも…?)

CP-1Xの特徴と音色

本機CP-1Xは超ナチュラル系のコンプレッサーです。

まるでCDの音源をアンプで流しているような、自分のギターがMIDIのトリガーになってめっちゃキレイなギターの音源のサウンド出力されているような、そんな感覚に陥ります。

(あれ、この感覚ってっどこかで…と思ったら、同じくMDPを使ったXシリーズのDS-1X Distortionでも感じてた)

BC-1X同様視覚的に信号レベルが確認できるインジゲーターを搭載しており、信号レベルを視覚的に確認できるのは非常にGOOD。

インジゲーター自体はベースアンプに内蔵されたものや大型のペダルのコンプレッサーではよく見かけますが、ここまで小型な筐体に収めてきたのはさすが詰め込みの王様BOSS。

本機CP-1XはBOSSが発表したばかりの最新デジタルプロセッサーMDPを搭載しており、出音としてはさすが新世代のデジタル機種って感じ。

MDPやBOSSのデジタルサウンドの進歩のすばらしさは他のMDP搭載機種の記事で散々書き散らしてきたので、すでに食傷気味の方もいらっしゃるっでしょうから長々とは書きません。

ただ一つ、もうデジタルがアナログを追っていた時代は終わり、デジタルはアナログの音の再現はもちろん、更にその上の使いやすく新しいサウンドの段階に来ていることは知って欲しいですね。

そういう意味では本機CP-1Xのコンプレッサーペダルとしての実力はすさまじいもので、どんな雑な弾き方でもピッタリ設定した音圧に揃えてくれる自然なかかりは、まさにBOSS・MDPならでは。

高品位なコンプレッサーなど探せば同レベルのコンプレッサーがないこともないかとは思いますが、BOSSのスゴいところはこの価格・このサイズでこれだけ高品位なクオリティーを維持できるところですね。

コントロールもギター用のコンプレッサーとして必要な部分はキッチリ抑えながらもシンプルな造りで、初心者でも使いやすいのもうれしいポイント。

CP-1X コンプレッサー レビュー・総評

コンプレッサーの特性上、実際に弾いていると自分がとてもうまくなったような錯覚を覚えます。

が、弾いているうちになんとなくコンプレッサーのクセが見えてきます。

BOSSコンのコンプレッサーペダルであるCSシリーズも代を重ねてだんだん自然さのレベル上がり、それとわかりにくくはなっていたものの、やはり演奏者自身がコンプレッサーを使っていることをふと意識する瞬間ってありました。

(BOSSコンに限らずどんなコンプレッサーペダルでもある程度同じかとは思いますが)

それは結局、自分自身の意図している演奏・出音ではない雑味が混ざったためで、「 ああ、今コンプレッサー使ってるんだった 」とコンプレッサーの存在を意識していまうということなのでしょう。

管理人自身はその存在感をどこまで消してしっかりと出力を揃えてくれるかがコンプレッサーペダルの優秀さかと思います。

しかし、本機CP-1Xはそのコンプレッサー感を意識する瞬間が全然訪れない

で、なんだか「 え、本当にコンプ効いてるのか? 」とOFFにしてみて、自分の演奏の下手さに絶望する。

弾いてる当人がこんななんだから、聴いてる方は全くわからないのではないか。

こ、こんなぬるま湯に浸かってしまったらギタリストとして大切な何かを失ってしまうのではないだろうか…

と、自然過ぎてかかってるのか不安になってオンになっているのを確認すると同時に、全く別方向で不安にさせてくれる、隠れた仕事人としては完璧すぎるコンプレッサーペダルです。

そしてその不安もつかの間、気づいたらもうかかってないと不安になってしまう、CP-1Xの虜にされてしまうことでしょう。

そんな機会はもうないかとは思いますが、管理人自身レコーディングがあったら絶対に持っていきたいマストアイテム。

ライブでも曲によっては必須になるかな、と思っています。

(とか言いつつ、ぬるま湯に浸かりっきりの管理人はライブ通してつけっぱにしてしまうんでしょうねきっと…)

もし持って出るのを忘れようものならその日の内に買いに走るか、家までタクシーを走らせるのではないだろうか。

それほど、ただのコンプレッサーペダルとしてだけでなく精神安定剤としてもすばらしく優秀なコンプレッサーです。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2016年11月5日発売
製造国
台湾製
コントロール
LEVEL、ATTACK、RATIO
接続端子
INPUT、OUTPUT 、ACアダプター
消費電流
90mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。