BF-3 Flanger(フランジャー)

   2016/04/28

ロングセラーのあとを継ぎ、デジタル設計で生まれ変わった新世代機

BOSS_BF-3_Flanger_フランジャーイラスト

BF-3 FlangerはBOSSコンパクトエフェクターのフランジャーでは初めてDSPを搭載したデジタル設計機として、2002年に登場しました。

前機種BF-2 Flangerが22年間もの間モデルチェンジされずに販売されるほど完成度が高かったこともあり、本機BF-3の開発には開発人もかなりのプレッシャーを感じ、気を遣ったとのこと。

フランジャーペダルとして、一つのエフェクターとしての完成度は素晴らしく、管理人の知る限りコンパクトエフェクターのフランジャーでここまで全部入りな機種って他に例がないです。

もはやフランジャーオンリーのマルチエフェクターって感じの万能フランジャーです。

ベースインプットでBF-3をベース用フランジャーとして使う

実は本機BF-3、BOSSからベース専用エフェクターとして出ているベースシリーズではありませんが、ベースの場合はベースインプットに繋ぐだけでベース用フランジャーとして使うことが可能です。

ベースシリーズのリニューアル時にベース専用フランジャーであるBF-2Bが廃番になり、ベースシリーズとしての後継機種は出ていません。

しかし、本機BF-3がインプットを切り分ける形でベースにも対応しており、ギター用フランジャーであるBF-2の後継機種であると同時に実質ベース用フランジャーであるBF-2Bの後継機種のBFB-3でもあるってわけですね。

ただベース用としてだけなく、7弦ギターや最近流行ってきた8弦ギター、9弦ギターなどの低音ギターやローダウンチューニングにフランジャーかけたい人にもうれしい機能ですね。

(今どきそんなへヴィーな曲でフランジャーを使うかどうかはおぢさん知りませんけど)

タップテンポ機能付き

タップテンポがついたことも前身機種であるBF-2からの大きな変更点の一つですね。

これによってフランジャーのテンポに演奏を合わせるのではなく、演奏のテンポ・リズムに合わせてフランジャーをかけることが可能になり、より直感的な使用感が増しています。

デジタルペダル化した最大のメリットの一つともいえるでしょう。

BF-3 フランジャーMODEツマミとサウンド

正直なところ、前機種のBF-2もフランジャーとしては全く不足も申し分もない優秀なコンパクトエフェクターでした。

が、本機BF-3では新搭載したMODEツマミにより、BF-2を遥かにしのぐサウンドバリエーションの豊富さを獲得しています。

それぞれのモードについて軽く説明しておきましょう。

STANDARD スタンダードモード

スタンダードモードは、その名の通り至ってスタンダードなフランジャー効果を持つモードです。

軽く爽やかなフランジャーが欲しい場合はこちらですね。

ULTRA ウルトラモード

ウルトラモードではスタンダードモードよりも強力なフランジャー効果を得られます。

スタンダードモードでは物足りない場合やえぐいほど深いフランジャー効果が欲しい場合はウルトラモードを使うと良いでしょう。

GATE / PAN ゲート / パンニングモード

音をトレモロのようにぶつ切りにしながらフランジャーをかけて、上昇・下降を繰り返すモードです。

ステレオアウトを使ってアンプを2台つなぐと出力を左右に振るパンニングがかかり、音がぐるぐると回転しているような空間的な効果のある面白サウンドになります。

モメンタリーモード

モメンタリーモードは、ペダルを踏んでいる間だけフランジャーがかかるモードです。

フランジャーのうねり自体は低い音域から始まる、音色はスタンダードモード、タップテンポ機能が使えないなどの制約はありますが、オン・オフを細かく切り替えたい時に重宝するモードです。

BOSS BF-3 フランジャー レビュー・総評

完全デジタル機なのでモジュレーションペダルにありがちなノイズも少なく、原音とフランジャー音の分離感もまずまず。

もちろん、ウルトラモードなどセッティングでえぐくかけた時は相応にえぐくかかってくれますが、それでもただダーティーではないキレイさが多少残るところをメリットと見るか、デメリットと見るかは人それぞれかなと。

とかなんとか言っても、そもそもコンパクトエフェクターでフランジャー単機能のペダルってそもそも選択肢がそんなにないんですよね。

フランジャー自体あまり流行ってないっちゃないですし、マルチエフェクターがどんどん優秀になっていますから。

(そんなマルチの進化をまざまざと見てきたので、ここのところコンパクトエフェクターがまた流行りだした、っていうのがコンパクト派の管理人には嬉しいながら不思議に思うところ)

しかし、マルチエフェクターのフランジャーでは満足できない方やコンパクトエフェクターでのエフェクターシステム構築にこだわる方には、本機BF-3は強くオススメできるフランジャーペダルです。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2002年2月~現行
製造国
台湾製
コントロール
MANUAL、DEPTH、RATE、RES、MODE
MODE
ULTRA、STANDARD、GATE / PAN、MOMENTARY
接続端子
GUITAR IN、BASS IN、OUTPUT【A】、OUTPUT【B】 、ACアダプター
消費電流
40mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。