AW-3 Dynamic Wah(ダイナミックワウ / オートワウ)

   2016/04/28

BOSSオートワウでは初のデジタル設計の ” ダイナミックワウ “

BOSS_AW-3_Dynamic_Wah_ダイナミックワウイラスト

本機AW-3 Dynamic Wahは、前身機種だったAW-2 Auto Wahからモードが一気に5種類に増えたオートワウの決定版です。

発売は2000年10月で、なんと前世紀。

ベース用に特化したインプットもついたり、もはやこれはオートワウといっていいのか?ってほど色々詰め込んだオートワウ・フィルターの極みって感じ。

そういえばワウをベースで試すって発想すらなかったけど…

機会があれば一度ダイナミックワウで試してみたいものですね。

一気に5種類となったモード

BOSS_AW-3_ダイナミックワウ

多彩なサウンドモードは、一気に種類に…

アップとダウン(UP / DOWN)の二つのモードではそれぞれペダルを引き上げた時と踏み込んだ時のワウサウンド。

シャープ(SHARP)モードはギターシンセ風のサウンドを生み出すモード。

この辺はまぁ、いいでしょう(いいのか?)

まさかの新機能ヒューマナイザー搭載

これがかなり斬新な機能で、ヒューマナイザー(HUMANIZER)モードでは人の声風の音を出すことが可能

母音『 アイウエオ 』の中からVOWEL2 / VOWEL1の二つのツマミで選択可能です。(通常時MANUAL / SENSEのツマミ)

エクスプレッションペダルを使えば、母音をリアルタイムでいじることも可能です。

新機能とは言ってもヒューマナイザーはもともとマルチエフェクター用に開発されたエフェクトで、すでにBOSSのマルチエフェクターであるME-8に搭載されていたものです。

こういう面白いエフェクターはマルチよりもコンパクトエフェクターに入れた方が目立つということでAW-3に搭載されました。

…オートワウ関係あるのか?

ともかく、BOSSのデジタル技術力の高さを垣間見ることができる、個性的で面白味のある新機能です。

超実戦的なタップテンポ機能

2秒間ペダルを踏みっぱなしにすると、自身でペダルを踏む間隔でテンポを設定するテンポ(TEMPO)モードに入れることができます。

同時期に発売されたAW-3 Dynamic Wahでも実装された機能ですね。

従来の揺れ物だと、演奏のテンポに合わせてパラメーターを微調整したり逆に演奏の方をエフェクターのテンポに合わせる必要があったのですが、この機能は本当に便利。

個人的に最も気に入っている機能で、正直トレモロとかレート系のツマミのある揺れ物ペダルには標準装備にしてほしいくらいです。

AW-3 ダイナミックワウ レビュー・総評

BOSS_AW-3_ダイナミックワウ基板

チップサイズの抵抗とコンデンサーとドカーンとデカいICで、手作り感は皆無。

ベース用インプットエクスプレッションペダルによるペダルコントロール、タップテンポ機能

ワウでできることは全部入りって感じですね。

その上でギターシンセ風サウンドのシャープモードからヒューマナイザーなんてモードまでぶっこんできました。

しかしこの多機能さがある意味BOSSの悪いところ?なのです…

そのせいで一つ一つの凄さがうまく伝わらない上に、なぜか逆に敬遠される感があるんですよね。

これからオートワウが必要ってなる方、悪いことは言いません。

渋いアナログ機もいいですが、本機AW-3 ダイナミックワウの圧倒的多機能・高性能

前世紀から現役を張り続けている超ロングセラー。

その高い完成度、ぜひ一度は試してみて頂きたいところです。

販売期間・スペック・仕様

販売期間
2000年10月~現行品
製造国
台湾製
コントロール
DECAY、MANUAL、SENS、MODE
MODE
UP、DOWN、SHARP、HUMANIZER、TEMPO
接続端子
GUITAR IN、BASS IN、OUTPUT、EXP 、ACアダプター
消費電流
40mA
対応アダプター
PSA-100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。